ニュース

大阪市におけるマンション管理に関する支援策等について

大阪市都市整備局 企画部 住宅政策課

マンション管理の適正な管理に向けた支援

(1)情報提供・専門的な知識の普及

本市では、公共団体等をはじめ、弁護士会・建築士会などの専門家団体やマンション関連の民間事業者団体と連携・協力し、2000年6月に「大阪市マンション管理支援機構(下図参照)を設立しています。

同機構では、マンション管理について総合的に研究するとともに、大阪市立住まい情報センターにおける相談業務に対する支援やマンション管理組合に対する情報提供や普及啓発などを実施しています。

(2)相談窓口の設置

分譲マンションを含めた住まいに関する様々な相談に対して相談員が対応することともに、分譲マンションに関し管理一般や法律の専門的な知識が必要な相談については、専門家による相談を実施しています。

■ 住まいの一般相談

■ 住まいの専門家相談(分譲マンション)

(3)分譲マンションアドバイザー派遣制度

分譲マンションの適正な管理等を支援するため、マンション管理組合等の勉強会の講師として、一級建築士や弁護士などの専門家を無料で派遣(3回まで)し、建築の技術的な内容や管理規約および法的な問題等に関する一般的なアドバイスを行っています。

■ 制度概要

■ 問合せ先

(4)分譲マンション長期修繕計画作成費助成制度

マンション管理組合が長期修繕計画の作成または見直しを専門家に委託する費用の一部を補助しています。

■ 制度概要

■ 問合せ先

-ニュース