大規模修繕工事に関するコンサルタント業務

ココがポイント

重要な大規模修繕工事を適正価格で成功へ導きます 

マンションみらい設計を採用するポイント

マンションみらい設計では、一級建築士管理組合(理事会・修繕委員会)側の目線で皆様の要望を取り入れ大規模修繕工事の関係者の間に立ち適正価格・適正施工を達成できます


当マンション管理士事務所では、マンション管理士と一級建築士の両資格者であり、大規模修繕工事に関する専門家として知識やノウハウを十分に備えております。

大規模修繕工事を適正価格・適正工事で建物を長期保全・管理組合収支改善

建築の専門家の目で理事会・修繕委員会様を支援いたします。

ココに注目

業界の罠(わな)から脱出せよ!

暴走した工事価格は、工事実績として固定され将来まで修繕積立金の値上げを引き起こしている

設計コンサル談合問題(国土交通省)


大規模修繕工事は、マンションにとって重要な工事です。

これまで積み立てた『修繕積立金』を使用することにな、大規模修繕工事を適正価格で適正工事を行うことにより次期工事のサイクルの延伸や管理組合の収支を将来にわたり改善することにつながり、将来的にマンションの資産価値を維持することになります

昨今では、設計事務所・施工会社・管理会社等による大規模修繕工事等の工事費の暴走した値上げ、双方間でのキックバックが横行しておりますのでご注意ください。

 マンション管理士の業務は、大規模修繕工事の工事全体の進め方がいくつかある中、大規模修繕工事に関する情報が氾濫しているため想像や不安がふくらむなか、理事会・修繕委員会の取り組み方を適切に発意時より工事完成まで、合理性、公平性、透明性を満たしたサポートを行い、管理組合の事務局的な立場で関係する業者と管理組合の間に立ち円滑に大規模修繕工事を進めて参ります

具体的な業務は、理事会や修繕委員会が行う修繕設計者(設計事務所)・施工者(工事会社)の選定の補助や、修繕委員会の会議運営の補助などの「合意形成のサポート」を行い、設計事務所者や施工会社が作成した資料等を理事会・修繕委員会側に立った目線でチェックを行い適正な工事が進むようにサポートいたします

これにより、管理組合の決算収支は改善でき、理事会・修繕委員や役員の皆様の心身負担(特に頭脳労働の部分)を最小限に抑え、加えて一大事業を低コストで完遂することが管理組合役員として満足できる任期を終えることができます。

また、各種の検討事項をはじめとした活動(検討過程)の記録が残されないことが多い中、活動(検討過程)の記録を当社が事務局(書記)を務めることにより確実に残すことができるなど、合意形成に大いに寄与すると考えております。

大規模修繕工事の種類(基本的な項目)

建物改修工事(一般に呼ばれている工事)

・建物外壁改修工事(塗装面・タイル面)

・屋上防水改修工事

・鉄部塗装改修工事

・バルコニー・共用廊下改修工事

設備改修工事

・給水管、排水管更新工事

・給水方式変更工事

・受水槽更新工事

・電気幹線更新工事 等

特別改修工事

・エレベーター更新工事

・消防設備更新工事

・インターホン更新工事

・エントランスリニューアル工事

・サッシ・住戸玄関扉更新工事

・駐車場更新工事(機械式・立体駐車場)

改良工事

機能を向上させる工事を言います

(例)・エントランスの自動扉化 ・宅配ボックスの新設 ・エレベータ新設 ・その他

大規模修繕工事コンサルタント業務の料金について

各種業務の内容に応じて別途お見積りいたします。

基本は、次の①②③より選択いただきます。

① 係る日数より月額を算出する方式(重点期間は加算する場合があります)

② 業務全体を想定しトータル金額を算出する方式

③ 設計事務所+施工会社の発注確定金額より%算出する方式

[予算の目安]

月額方式(大規模修繕工事のみ支援)   55,000円/月 ~(消費税を含む)
月額方式(顧問契約と同時契約)     88,000円/月 ~(消費税を含む)

※ 上記金額はすべて目安金額です。 (諸経費は別途となります。)
※ 業務期間の目安は1年~3年(発意時から工事竣工完成引き渡しまで)

※ 施工業者の完成引き渡し後の保証期間内における検査の立ち合いも別途請負いたします。

(顧問契約の場合は、顧問業務に含みます。)

皆様のマンションの未来をご提案・気軽に相談できるマンション管理士事務所

一級建築士による 無料マンション簡易建物診断サービス

業務一覧に戻る