顧問契約

顧問契約(長期コンサルティング・支援契約)

理事会の役員の皆さまの負担を軽減・頼もしいサポート役

(案)業務スケジュール

業務スケジュール

マンションみらい設計は、専門性を高めたプロナーズ認定アドバイザーとして、満足いただけるサービスを提供いたします

顧問契約のメリット

顧問契約では、年単位を基本に契約を行い、理事会が行うべき日常業務全般または特定の業務について、総合的な助言、指導その他のサポートを行います。

顧問契約を締結することにより、『分からないことがあるとき』、『問題が生じたとき』、『何らかのサポートを受けたいとき』に、その都度、リアルタイムで運営状況を把握していますのでスピーディーな対応が可能になります。

顧問料については、マンションの個別性(戸数、専門委員会の設置状況、団地型、複合用途型、リゾート等)により、モデルケースの顧問料に相応額を加算します。また、ご相談や状況に応じて調整いたします。

※『管理規約の見直し業務』『管理委託契約書の見直し業務』『長期修繕計画の見直し』『大規模修繕工事のコンサル業務』『第三者管理者等の業務』『代理理事長』『その他別途業務が発生するもの』については、顧問業務とは、別途料金が発生いたします。

管理組合の知恵袋

顧問マンション管理士と管理会社委託スタイル

全部委託マンション(通常の管理会社との業務委託契約マンション)

理事会は、何も分からないため運営のすべてを管理会社に任せてしまいますが、顧問マンション管理士が理事会運営のサポート役を行い、理事会と管理会社のパイプ役を果たすことにより、毎年、役員さんが交替しようとも、また、本業で忙しい役員さん自らが頭を悩ませなくても、常に区分所有者本位のマンション管理を実現できます。また、一人のフロントマンが多数の受託物件を担当しているため、一つのマンションに深く取り組めない中、顧問マンション管理士がその業務を助けることで顧問先マンションの管理状況の改善につながり、『管理費』『修繕積立金』の改善にも及ぶと考えております。

一部委託管理マンション

顧問マンション管理士が運営全般にわたるサポート役を行うとで、理事会の事務を代行も加えることで、理事会の役員さんの心身負担の軽減に大きく役立つと考えております。

顧問業務に関する料金について

有期または年単位の契約により、理事会が行うべき日常業務全般または特定の業務について、総合的に助言、指導その他の援助を行います

<顧問料> 見積によります(目安はマンションのタイプ別のモデルをご参照下さい)

(参考例)日常業務の顧問契約 全部委託管理マンションの場合

<顧問料> 月額50,000円(税別/交通費等の経費は別途)

(モデル) 管理会社との間で総会や理事会の運営支援業務等を含めた管理委託契約(フル契約)が締結されている一棟の住居専用マンション(100戸まで)の管理組合との顧問契約

(業務内容の例)
(1)役員または管理会社からの相談への対応または打ち合わせ(通信)
(2)理事会資料及び議事録案のチェック及び補正
(3)管理組合運営上必要となる文書等のチェック及び補正
(4)委託業務の遂行状況のチェック
(5)理事会、総会、その他の会議への出席と必要な具申
(6)総会議案資料及び議事録案のチェック及び補正
(7)その他顧問として行うべき助言・指導等
※ 全部委託管理マンションに対してのみ、監事兼任プランもありますので、ご相談下さい

 

皆様のマンションの未来をご提案・気軽に相談できるマンション管理士事務所

一級建築士による 無料マンション簡易建物診断サービス

業務一覧に戻る