フリーダイヤル 0120-935-554

マンション管理士・一級建築士がマンション管理をサポート

神戸オフィス:神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館22階 /  西宮事務所 0798-53-0139
兵庫県マンション管理士会副
会長/マンション管理士賠償保険加入/mail: k.mimura@miraisekei.com

<守秘義務の厳守の為、実績等は掲載しておりません>

大規模修繕工事のご相談やトラブル

大規模修繕工事のご相談やトラブル

大模修繕工事のご相談やトラブル

大規模修繕工事に関するご相談やトラブル相談が多くなっています。

マンション管理士だからできる細かなサービスをご利用ください。(簡易な相談から、本格的な大規模修繕工事まで豊富な経験とノウハウを提供いたします)

建物の大規模修繕工事・設備更新工事・各所部分修繕工事・等対応は多種多様です。

平成29年国土交通省より設計コンサルによる利益相反等に注意するよう通知がありましたのでお知らせいたします。

大規模修繕工事に関わる相談 No.1~No.3

 大規模修繕工事の工事は、高くないか(一般の相場を知りたい

 大規模修繕工事は、いつから始めると良いのか

 大規模修繕工事の修繕委員になったが専門用語や見積書の内容がわからないので見てもらいたい

大規模修繕工事に関わるマンションコンサルティングサービス一覧

大規模修繕工事のサポートには、色々なパターンあります。

大規模修繕工事に関わる顧問契約業務

①大規模修繕工事の発意から工事完成・引渡しまでマンション管理士(一級建築士)が顧問としてサポートいたします。

【マンション管理士、顧問業務】

※基本業務:毎月の修繕委員会(理事会)に参加し、役員様をサポート・議事録作成

1.理事会・修繕委員会に同席し、皆様では分かりにくい専門用語を解説

2.「施工会社選定方法」のアドバイス

3.「劣化診断調査」の検証

4.「工事仕様」のチェック・指摘・修正

5.「概算工事見積書」のチェック・指摘・修正

6.「施工業者選定」時の的確なアドバイス

7.「工事監理」の検証・指摘・修正指示

8.「工事金額精算時」の妥当性の判断

9.「議事録作成」各種会合(修繕委員会・理事会等)

プロポーザル方式による施工会社選定

②管理会社・設計事務所・施工会社の談合が心配な場合は、マンション管理士が遂行する「プロポーザル方式(企画提案型)」を選択を強くお勧めします。

【具体的に】

「プロポーザル方式」は、設計監理方式のように各種業者間の接触・癒着等を行う場がなく、談合を防止することができます。

【プロポーザル方式のスケジュール】

基本:「マンション管理士」が施工会社選定をリードいたします。

1.管理組合側で建物の劣化状況を全住戸より情報収集、工事範囲等を確認します。(劣化診断調査を実施する場合もあり)

2.参加施工会社募集(一般紙公募、管内公募、推薦)

3.プロポーザル参加会社の選考

4.プロポーザル参加会社の現地調査、提案書作成期間

5.施工会社選定(提出された企画提案書・見積書より)ヒアリング等を実施し交渉を進め最終1社を決定

6.大規模修繕工事着手

その他管理組合運営サポート

大規模修繕工事に関わる不安な事柄はたくさんあります。何でも結構ですのご相談ください。

③売主アフターサービス対応(共用部分)に関わるサポート:皆様では、判断できない瑕疵や売主に請求しても聞き流されてしまう、等の解決しない事が一般的です。

④長期修繕計画に関わるサポート:長期修繕計画の見直し(5年毎/期間30年間)、長期修繕計画のチェック(簡易診断)、数量積算からの作成も可能です。

⑤大規模修繕工事の工事監理業務:工事監理のみを請け負います。

⑥大規模修繕工事のセカンドオピニオン(小規模マンション):一級建築士が管理組合の外部修繕委員の立場で、大規模修繕工事をサポートします。

⑦瑕疵調査業務:新築時からの瑕疵のトラブル、大規模修繕工事引渡し後の工事瑕疵のトラブル、工事保証のトラブル

⑧外壁タイル(浮き、剥落等)調査:外壁タイルの浮きや剥落によるトラブル、新築建設会社が対応してくれない、大規模修繕工事での施工が悪いのでは、問題は様々です。

⑨雨漏れ、上階からの漏水問題:マンションで一番多いが解決できない、雨漏れ、上階からの漏水問題

⑩特定建築物定期報告:「特定建築物定期報告」(指定建物3年毎)制度に基づき、建物の定期検査を正確に行い、建物の維持管理を行ってください。

⑪劣化診断調査:マンションの人間ドック、診断調査を実施し、大規模修繕工事の実施時期や改善すべきポイントをアドバイスいたします。